職場のトラブル・労働問題解決の専門家 ベア特定社労士事務所

実 績

1.スタートアップ時の人事部代行

①外資系IT企業の採用、給与計算と社会保険手続きのアウトソーシング導入
【企業規模】日系IT、従業員数10名
【期間】3ヶ月
【作業内容】
*職務記述書、面接評価項目の洗い出し、及び面接評価シート作成
*面接官研修、面接結果のまとめ
*雇用契約書の作成
*スクリーニング、及び面接プロセスの管理
*給与体系のローカライズ、文章化
*本国とのコミュニケーション
*社会保険手続き、及び給与計算ベンダーの選定、及び導入

②国内系IT企業の採用マーケティングに係るコンテンツ作成
【企業規模】日系IT、従業員数50名
【期間】1ヶ月
【作業内容】
*職務の再定義、及び職務記述書の作成
*募集要項作成
*求人サイト掲載用の会社とポジションの魅せる掲載文章作成

③従業員数約10名の医療機関の給与計算と社会保険手続きのアウトソーシング導入、就業規則作成、無断欠勤従業員の対応
【企業規模】医療機関 従業員数10名
【期間】2ヶ月
【作業内容】
*給与体系構築
*就業規則作成
*社会保険手続き、及び給与計算ベンダーの選定、及び導入
*無断欠勤した従業員への適切な解雇処理

2. 人事マネージャ、人事プロジェクトマネージャ代行

①人事業務の責任者、人事総務スタッフの2名のマネジメント
【企業規模】外資系医療機器メーカー 従業員数50名
【期間】1年3ヶ月
【作業内容】
*採用
*就業規則見直し
*給与計算、社会保険手続ベンダのマネジメント
*人事評価、昇給、昇格審査
*団体交渉、弁護士事務所との協働
*米国人事部、法務部とのコミュニケーション
*法務等、社長直轄案件の対応

②海外給与計算アウトソーシングの精度改善プロジェクト
【企業規模】外資系製薬 従業員数5000名
【期間】6ヶ月
【作業内容】
*ミスが発生する原因の調査、及び解決案策定
*要件精査
*システムで実装された給与計算ロジックの評価
*アウトソーサーとのコミュニケーション
*本国プロジェクト責任者とのコミュニケーション
*大量の住民税誤納付の対応

3. 人事労務コンサルティング

①パワハラ再発防止
【企業規模】日系IT、従業員数800名
【目的】連続して発生したパワハラ、労務問題の再発防止
【作業内容】
*人事部へのヒアリングと分析
*管理職向け研修実施
*懲戒に係る就業規則の改正、及び社内プロセスの見直し
*懲戒処分時の本人確認書類のフォーマット作成
*懲戒処分の基準設定
*社内管理職への周知

②採用の精度向上
【企業規模】日系IT、従業員数500名
【目的】面接官が客観的な評価軸を共有し、感覚的に実施していた採用のミスマッチの削減し、精度を向上させる
【作業内容】
*それまでの面接方法の確認、評価軸の確認
*面接研修の実施
*面接結果の分析、面接官との基準の目線合わせ

③売上向上
【企業規模】外資系製薬企業、従業員数2000名
【目的】営業の給与の変動給(インセンティブ)部分を多くし、固定部分を少なくする事で売上向上を図る
【作業内容】
*現状の賃金体系、人件費等の現状分析
*賃金体系変更によるメリット、デメリットの洗い出し
*賃金体系変更による人件費のシミュレーション、インセンティブの設計
*営業部員へのコミュニケーションプラン作成
*管理職、及び管理職以外の対象者への説明会実施

④労働環境の改善に依る生産性向上
【企業規模】日系メーカー、従業員数100名
【目的】部署毎に働き易い勤怠制度を導入する事で従業員のモチベーション向上と業務効率化を図る
【作業内容】
*職種と仕事の仕方整理
*職種毎に適用する勤怠制度(フレックスタイム、裁量労働制)の定義
*就業規則の変更、運用ルールの策定
*勤怠システムの変更の要件定義、システム変更
*管理職、管理職以外の従業員へのコミュニケーションプラン作成
*管理職、及び管理職以外の対象者への説明会実施
*イントラネット掲載用FAQ作成

④部門間共通業務の効率化とコンプライアンス強化
【企業規模】日系IT、従業員650名
【目的】派遣社員に係るコンプライアンスの強化、共通作業を集約することで業務効率化を図る
【作業内容】
*派遣社員の多い部門の洗い出し
*派遣社員と業務で関連する正社員の業務調査実施
*派遣社員の業務再構築
*派遣会社の一元化

⑤人材育成による組織力強化
【企業規模】外資系物流、従業員数3500名
【目的】被評価者へのフィードバックを適切に行う事で、人材育成を促進
【作業内容】
*評価フィードバックの課題、フィードバックで何を伝えるかを確認
*被評価者への現状の評価フィードバック状況のヒアリング
*人事考課研修の実施
*被評価者に研修後のフィードバック状況のヒアリング、改善状況の確認

⑥業務改革、及びチェンジマネジメントによる生産性向上
【企業規模】日系IT、従業員3500名、中国法人200名
【目的】ITアウトソーシングサービスの品質向上、意識変革、業務効率化
【作業内容】
*バランススコアカードの導入
*チームリーダーへの権限委譲
*個人のパフォーマンスからチームでのパフォーマンスを重視する評価の導入
*日本人の気質、日本文化、中国との違いを理解する研修実地
*作業やコミュニケーションのテンプレート化

⑦競合他社が多い状況での短期間、大量採用
【企業規模】外資系IT、従業員1000名
【目的】コンサルティング事業拡大に向けた人材確保
【作業内容】
*競業他社との差別化要因洗い出し、候補者からのイメージ、採用プロセス上の課題など現状分析
*人材紹介会社向けに詳細を具体化した候補者プロファイル作成
*候補者に配布する部門紹介冊子の作成
*他社に勤務する候補者リスト作成、及びに当該リストでのヘッドハンティング
*退職者、過去の内定辞退者で優秀な層へのアプローチ

4. 労働組合対応

①能力不足のため異動した従業員が組合に加入し、当該異動が不当として団体交渉開始を実施
【企業規模】外資系IT、従業員数100名
【作業内容】
*会社側弁護士と提携し、団体交渉の方針決定
*団体交渉、及び事務折衝
*労働委員会への参加
*労働委員会での合意書に基付き、希望するポジションへの適正評価実施
【結果】
評価結果を基に、本人と合意し能力に見合ったポジションへの配置した。

②社内で暴力を振るった従業員への懲罰に関し、懲罰処分を決定。その後、懲罰が不当として当該従業員が労働組合に加入し、団体交渉を実施
【企業規模】外資系IT、従業員数100名
【作業内容】
*事件当日の対応
*懲罰委員会の開催
*当該従業員の弁明の機会付与
*処分の通知
*処分を不当と主張する労働組合との団体交渉実施
【結果】
労働組合が処分決定手続きに瑕疵がないこと、及び処分の妥当性を評価し、労働組合が処罰を不当とする主張を取り下げた。

③逆パワハラに相当する発言、行動をとる組合員への対応
【企業規模】国内IT、従業員数200名
【作業内容】
*関係者へのヒアリング
*組合員が加入する労働組合に対して指導要請
*労働組合との話し合い
【結果】
当該組合員の不適切な発言や行動が減った。

5. ビジネスファシリテーション

①人事部向けファシリテーション
【企業規模】国内IT、従業員200名
【目的】コンサルティング事業拡大に向けた人材確保
【作業内容】
*競業他社との差別化要因洗い出し、候補者からのイメージ、採用プロセス上の課題など現状分析
*人材紹介会社向けにキーワード検索できるレベルに具体化した候補者プロファイル作成
*人材紹介会社経由で候補者に配布する部門紹介冊子の作成
*他社人材のリストアップ、及びに当該リストでのヘッドハンティング
*退職者、過去の内定辞退者で優秀な層へのアプローチ

②学生向けファシリテーション
株式会社旅武者が主催する大学生向け「海外ビジネス武者修行プログラム」のビジネスファシリテータとして、ビジネスを通して大学生が自分で考え、自分でゴール設定し、問題解決出来る思考能力と行動力を身に付ける変革の支援を行う。
https://mushashugyo.jp/about/facilitator/
6. その他

①30社以上の就業規則の作成、変更
②人事に係るセミナー講師
③テレビドラマの人事に関する情報提供

PAGETOP
Copyright © ベア特定社会保険労務士事務所 All Rights Reserved