職場のトラブル・労働問題解決の専門家 ベア特定社労士事務所

代表プロフィール

  • HOME »
  • 代表プロフィール

photo

西尾信一

獨協大学卒業後、社会保険労務士試験に合格し日系会計事務所の社労士部門に就職し、外資系企業約25社の給与計算、社会保険手続き、就業規則の作成、労働相談等のコンサルティングを担当。その後、デル株式会社人事部、SAPジャパン株式会社ビジネスコンサルティング部にて人事コンサルティングに従事。顧客向けコンサルティングだけでなく、コンサルティング部の人事タスクフォースチームの責任者に任命され採用プロジェクト、組織開発などの業務を行う。アビームコンサルティング株式会社で人事制度、事業開発、海外オフィスの業務改革等の様々なコンサルティングに従事。

トレンドマイクロ株式会社人事部にて人事企画チーム、及び採用チームの課長を経て、2014年にベア特定社会保険労務士事務所を設立。人材開発、人事企画、労務、採用と主たる人事に関する領域の全てにおいて実績がある。

ごあいさつ

私は、社労士、人事コンサルタント、人事部員のキャリアを通して、常に“人事”に向き合ってきました。
その経験から、現在、多くの人事部が元気ではないと感じています。

それは、日常の人事業務に加えて、突発的な労務対応や会社の成長・社会情勢に合わせた人事制度変更など、従来の人事部が行ってきた業務とはスピード、量、質の全てにおいて従前と異なる知見を求められているからに他なりません。

労働組合や従業員との厳しい交渉、人事制度改定、新しい制度や仕組みの社内への浸透を得意とする人事部員はそう多くはありません。これは当然のことで、特定の役割や業務を担当する人事業務の性質上、これまでは大企業の一部の人事部員にしか求められていなかった役割だったのです。しかし、近年の社会状況の変化に応じて、大企業だけでなく中小企業、全ての人事部に求められる様になってきました。

人事部は不足する人材や知見を補完するために、外部からその専門家である社労士やコンサルタントに依頼しますが、実際に人事業務経験のある社労士、労働法令の知識を持つコンサルタントはどの程度いるのでしょうか。現場経験のない社労士、コンサルタントとのやりとりで、話が通じ難かったり困惑したことはないでしょうか。

私たちには社労士やコンサルタントとして、そして当事者である人事部員として厳しい現場で悩み、考え、培って来た知見があります。それらを、今まさに現場で悩んでおられる経営者の皆様や人事部の方々と共有することで、人事部がもっと元気に活躍し、会社の活性化へと繋げることができるのではないかと考え、ベア特定社会保険労務士事務所を設立しました。

微力ではありますが、私たちは経営者の皆様や人事部の方々の一助となれるよう、誠心誠意の支援をさせて頂きます。

PAGETOP
Copyright © ベア特定社会保険労務士事務所 All Rights Reserved