人事部長・人事マネージャ代行 人事の専門家 ベア特定社会保険労務士事務所

代表プロフィール

  • HOME »
  • 代表プロフィール

 

代表特定社会保険労務士 西尾信一

大学卒業後、社労士試験に合格。会計事務所の社労士部門に就職し、外資系企業約20社の給与計算と社会保険手続き、及び就業規則改正等を担当。その後、外資系IT企業の人事部にて、約800人の給与計算と労務の責任者となる。外資系ERP企業に転職し、コンサルティング部にてERPのインストラクター、人事コンサルタントとして業務を行った後に人事特命チームの責任者として選抜され、コンサルティング部の難易度の高いコンサルタントの採用や組織開発を行う。日系コンサルティング会社に転職し、シニアマネージャとして新規教育事業立ち上げ、チェンジマネジメントプロジェクト、業務改善プロジェクト等の責任者を歴任。その後、日系IT一部上場企業で人事部新卒中途採用チームと人事企画チームのシニアマネージャを兼任し、2014年にベア特定社会保険労務士事務所を設立。人事業務だけでなく、ビジネスとシステムが分かり、英語が話せる社会保険労務士として中小企業の支援を行う。
また、70歳定年を踏まえて今後多くのサラリーマンが模索するであろう「初めての土地での生活」「新しいビジネスの立ち上げ」を実践し、このロールモデルになるべく、社労士事務所とは別に日本酒酒販店と日本酒バーを経営する。

***ご挨拶***

企業に勤めている時、自分のチームメンバーに「今日と同じことをしていて、明日が来ると思うな」と言い続けてきました。これは「いつもと同じ事をしているだけでは自分の成長はない」という意味だけではなく、予測を超えたテクノロジーの発展、社員のライフスタイルや仕事に対するモチベーションの変化など、私達が初めての経験する事象や状況に対して、常に自分で考え、判断し、行動する人になって欲しいという想いからでした。
そして現在、ビジネス環境の変化に加えてコロナなどの緊急事態への対応と、世の中は一層、混迷し予測不能の未来を迎えようとしています。前例やこれまでのやり方を踏襲するだけでは通用しないでしょう。しかし、多くの人事部ではこの様な状況に対応し難いのではないかと思います。不思議ではありません。人事部員は日常の業務で忙しいですし、そもそも変化に柔軟に対応するような業務は多くの人事部員には求められてなかった能力だからです。よって、人事部に足りない課題解決力や対応力を期待して、私たちのような社外のコンサルタントに依頼を戴くのですが、私は社内の人材が未知の業務や変化に対応出来るのが最も効率的だと思います。そして、自ら考え判断し、行動する人材が増えれば増えるほど人事部、引いては会社として状況に応じて対応する能力も一層向上し、今後の成長に資するのではないかと思うのです。弊所は私たちのサービスを通じて、最終的には会社の成長と社員の方々の幸せを実現することを願っています。そんな想いで毎日お客様と接しています。

 

PAGETOP
Copyright © ベア特定社会保険労務士事務所 All Rights Reserved